お茶は体内からキレイを作ってくれる今最も注目のダイエット方法です!

昔から痩せるお茶は人気商品です。一般の人も昔より知識があり、ダイエットには食事制限や運動が不可欠ということは知っていても、ダイエットできるお茶というのは今でも定番の商品です。お茶はダイエットをサポートする存在と言えましょう。

 

脂肪燃焼を施すお茶で痩せる為にしたい事

お茶がダイエットをサポートする働きには、脂肪燃焼効果、脂肪の吸収を抑制する働き、便秘

 

解消効果などがあります。ocha
便秘が美容や健康の敵という認識はあっても、ダイエットと直接関係ないと思っている人は多いのではないでしょうか。便秘は腸に老廃物が多く溜まった状態で、それによって体に必要なビタミンやミネラルの吸収が抑えられてしまいます。脂肪燃焼には特にビタミンB群が重要で、不足すると脂肪の代謝が妨げられ、結果的に太ってしまうという仕組みです。

ダイエット効果があるお茶には、プーアル茶があります。烏龍茶の一種で、中国南西部でよく飲まれています。緑茶の葉にコウジカビをつけ発酵させて熟成させて作ります。
プーアル茶には脂肪燃焼促進効果と、多く含まれるカテキンが脂肪吸収を抑える働きがあります。
また、プーアル茶には豊富なミネラルが含まれていて、デトックス効果が高いとされています。

日本では昔からよく飲まれているどくだみ茶には、多くのカリウムが含まれています。カリウムは体内の老廃物や余分な水分を排出してくれる働きを持っています。便秘解消にも効果を発揮します。

沖縄以外でも今ではすっかりゴーヤの存在は浸透しています。スライスしたゴーヤを天日で乾燥させ、炒ってゴーヤ茶を作ります。炒るのでゴーヤの特徴である苦味はほぼ無くなり飲みやすくなります。
ダイエット効果としては、ゴーヤの種に豊富に含まれる共益リノレン酸という成分が、体内で脂肪を燃焼させる働きがあります。飲むだけでも効果はありますが、飲んでから有酸素運動をすると、より脂肪燃焼効果が高まります。

また、モモルデシンというゴーヤの苦味の成分が、血糖値の上昇を抑える働きもあり、トータルにダイエットをサポートしてくれます。

ochadeyaseru

お茶ダイエットで辛いのは食事制限がつらい事

ダイエットには辛い食事制限や、きつい運動がつきもので、そう簡単には痩せることができません。
そこで昔から人気なのがお茶ダイエットです。普段食事のときに飲むお茶でダイエットができれば、無理なく続けられます。効果が微々たるものでも、長期間続けられれば効果は絶大です。

ダイエット効果のあるお茶には、まずは烏龍茶が挙げられます。胃わずと知れたお茶ダイエットの定番の存在です。
特に最近は、黒烏龍茶が脂肪の吸収を抑えるとして、人気商品になっています。CMも良く流れていますし、トクホにもなっていて知名度があります。油っぽい食事が多い居酒屋でも、ソフトドリンクとして良くメニューにあります。
黒烏龍茶が通常の烏龍茶と比べて何がいいのかというと、烏龍茶は烏龍茶重合ポリフェノールという成分が、余分な脂肪の吸収をブロックしてくれるのですが、黒烏龍茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールにはその効果が2倍あるとされています。

杜仲茶は、20年ほど前にダイエット効果があると一時期ブームになった記憶があるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。人によっては飲み続けることで5kgから10kg痩せたという人もいます。
杜仲茶には血液中のコレステロールの上昇を抑える働きがあり、体内の老廃物の排出を促してくれるデトックス効果があることも知られています。杜仲茶は比較的味にくせがなく飲みやすいので、今でも定番のお茶となっています。

最近話題となっているのがマテ茶です。マテ茶は、南米のブラジル、アルゼンチンなどで栽培されているイェルバ・マテという葉を乾燥させて水やお湯で抽出して飲むものです。
マテ茶にはビタミンやミネラルが非常に豊富なため、飲むサラダとも言われています。果たして痩せる効果があるのかというと、その中のビタミンB1、B1の役割が大きいです。ビタミンB1は糖質の、B2は脂肪の代謝に必要になります。ダイエットには欠かせないビタミンのため、毎日飲むお茶で摂取できると理想的です。

「参照」

痩せるお茶でダイエット!

http://www.gyokuronosato.jp/

いつも行っているダイエット方法とあえて違う事を実践してみよう

いくつものダイエット方法を試して、最近はなんだか何をやっても思うような結果が得られず、ちょっとお休み状態です。

女性専用30分で完了するジムも仕事がィぞがしくなった時にしばらく行かない期間があり、それきり面倒になってやめてしまいました。やめて分かったのはやっぱり食事の内容を減らしたり、栄養を整えてきちんと食べることと一緒にウ安藤も大切なんだとしみじみ思います。

食事療法の方は自炊にも慣れたので、無駄食いしなくなったし、野菜から食べて汁物、タンパク質、最後に炭水化物といった食事習慣が身についたようです。でもやはり運動もした方が、体がだぶつかず、疲れがむしろたまらないで体調もいいようです。

30分ジム続ければよかったなあ。でも場所を移動しなければならないし着替えも面倒また手続するのもなあ。

ということで、ネットで調べて「ちりつも運動」をすることにしました。

今やっているのは1時間のドラマのCMだいたいが2分間なのですが、この時にワンダーコアで腹筋したり、階段を最大8往復したり、ゆっくりストレッチしたりします。

なんとなくでも結構ハードで、初めて2か月目ですが、ちょっとウエストが締まってきた気がしています。
全体にお肉がむっちりしているのが悩みの種なのですが、中でも下半身太りが特にひどい。

痩せようとして食事制限したりしても、太ももは、読んで字のごとく太もものまま。

揉むとぶるぶるした肉の感触が伝わってくるので恨めしい存在です。

運動したら落ちるのかなあと思って、筋トレしたのですが、逆にごつくなってしまったり、そこがリバウンドしたりで逆効果でした。

最近、揉むと部分痩せに良いと聞いたので、少しずつお風呂で揉んでいます。

その際は美容に良いとかいう塩を一緒に揉みこんでいるのですが、気分的に味付けされているハムか何かになっている気分になります。

けれど、良い点もあって、その塩にはとても良い香りがついているんです。

しかもその手の商品は、探せば他社からも複数出ていたりするので、香り違いのものを日替わりで楽しむこともできます。

引き締め効果はどの程度出ているかは微妙ですが、一日の終わりにお風呂で癒しが得られるのは何よりも素敵な効果でした。

ダイエットをして痩せるときに考えておきたい事

最初私はそんなに太っていないと思い込んでいました。最近体重計思っていたら体重が大変なことになっていました。でもダイエットに興味がありません。やってもご飯が好きに食べれる幸せがなくなっちゃうからです。とにかく私は食べることが好きです。しかし、ある日家から駅まで久しぶりに歩いてみました。普段は車なのであまり歩きません。自分の体力のなさにびっくりしました。家から駅はそんなに遠くないのにまだちょっとしか歩いてないのに凄く疲れました。2,3年前はたまに家から駅まで歩いていましたが最近はめんどくさいし車を買ったので電車を使わなくなりました。これじゃいけないと思いダイエットを決意しました。今日したダイエットは、公園でお散歩しました。ゆっくり早くないペースでやってみました。ご飯は好きなので抜くことができないのでその分たくさん運動したいと思っています。疲れますがまだ若いから頑張らないといけません。三日坊主にならないようにします!ダイエットを始めるまでは野菜をあまり食べず肉ばかりを食べる生活でした。お腹に入れるのであれば野菜よりも肉が腹持ちがいいだろうと思っていたからです。

しかしダイエットを始めてから分かったのですが、肉よりも野菜のほうが腹持ちがよくカロリーが低かったのです。

野菜を食べるようになってからは、よく噛むようになりました。肉食べているときはほとんど噛まずに飲み込むような形だったのですが、きちんと噛むことを意識できるようになったのとかむことによって顎が疲れるので沢山食べなくなったのです。

食卓も野菜が多くなったので彩が豊かになりましたし、自分の作る料理のレパートリーが増えるようになったのです。

今までは肉を焼いてそれで食べる、野菜はちょっとだけ添えておく、という感じだったのですが、トマトやレタスが体によいと聞けば毎日添えるようにしていますし、スマホアプリで栄養を管理しているので足りない栄養素なども分かり、それを調べ野菜を追加して栄養を補うこともできるようになりました。

気にせずに食べてダイエットなんて出来るの?

あまり食べ物を我慢せずに痩せたい。それって凄くぜいたくな願望だと思います。
けれど、一応可能な方法はいくつかあって、例えば食事の一部をこんにゃくや海藻などのローカロリーなものに置き換えるとか、主食を制限するとか。
個人的には、食事の一部をこんにゃくや海藻に置き換えてた場合、お腹は膨れるけどあまり満足感は得られないという印象です。
やっぱりがっつりしたものを食べた方が満足感は高い。
なので、米飯やパンなどの主食を制限することでカロリーを抑えて、必要なビタミンやたんぱく質はきちんと摂取できるように野菜や肉や魚はがっつり食べるという方式を取り入れています。
もちろん、全部の食事をそうしなくても構いません。狙い目は夜です。
朝やお昼は活動を行うのに必要なカロリーを得ておかないともちませんので、普通に米飯やパンを食べますが、夜はカロリーが体内に残ると脂肪になってしまうので糖質を控えます。
これだとがっつり食べて栄養もとれて満足感は高く、なおかつ自然に痩せることも出来るので精神衛生上も良いと思います。ダイエット中はお菓子厳禁とまではいきませんが自制しているのでお菓子を食べないようにしています。しかしずっと自制しているとストレスがたまってしまいますし、ストレスがたまってそれでも体重が落ちないとイライラしてしまうときがあります。

ですからたまにはおやつを食べるのもよいです。

お菓子を食べるのではなく、ミニトマトなどのちょっと甘いトマトを食べるのです。もしくはトマトジュースです。

なぜかというとトマトジュースやトマトはカロリーが低いですし、リコピンが豊富食物繊維がとれる、女性には嬉しい肌にもよいなど体にいいことづくめなのです。

今はドラッグストアなどで低カロリーのお菓子なども売っていますので、どうしてもお菓子を食べたいときはそういうお菓子を食べるのもよいとは思いますが、お菓子を自宅においておくと、あるから食べないとならない、という気持ちになってしまいますので自宅に低カロリーであってもお菓子を常備させておくのはダイエットに向かないと思います。トマト系の簡単に食べることができる野菜で自分をごまかすのが一番よいです。

動物性の脂肪は実は健康・美容にとても良い

炭水化物、タンパク質、脂質といった三大栄養素の中で、皆さんが脂質に持っているイメージはどのようなものでしょうか。「贅肉の原因」「肌のできものの原因」「血管を詰まらせる原因」などなど、ものすごくネガティブなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、おおかたの予想に反して、良質な動物性脂肪は、ホルモンバランスを調え、高血糖を抑え、脂肪細胞の代謝を促進する作用があるのです。
 植物性の脂質には主に不飽和脂肪酸が含まれている一方で、動物性脂質には主に飽和脂肪酸が含まれています。多価の不飽和脂肪酸が酸化を受けやすく、すぐに有害な脂肪酸に変貌してしまうのに対し、飽和脂肪酸は酸化されにくく、吸収されると良質なエネルギー源として働き、使用されなかったとしても、脂肪細胞にため込まれることはありません。実際、脂肪細胞の脂肪は、過剰な血糖が脂肪に転化されて溜めこまれたものなのです。また、吸収されなかった飽和脂肪酸は、腸内細菌の餌となり、腸内環境を調えてくれます。
 このように、一般的なイメージと違い、動物性脂肪は健康維持に非常に役立つ優れた栄養素なのです。牧草飼育のバターなどの良質な動物性脂肪を日々の食事にとりいれて、美容と健康を維持してみてください。3ヶ月以上ダイエットを続けています。最初はお顔についた二重あごがなかなか小さくならなくて悩みました。1日30分のウォーキングを続けたり、毎食後にお茶を飲んだり、DHCのマカを飲んできました。しかし、気温が低く、もともと冷え性なので代謝が下がって痩せません。これはきっと効果が出ないのではないかと不安になりましたが、急に夏のような気温になってから、二重あごが小さくなりました。人にもよりますが、私は暑いくらいがダイエットに最適なようです。今日は、普段摂生ばかりしているので、気晴らしに家族とファミレスのモーニングに行きました。ダイエットは、我慢ばかりでは続かないから、たまに好きなものを食べればいいのです。ミニサイズのフライドポテトとドリンクバーを注文し、家族から食パン半分をわけてもらいました。急に食べると血糖値が上がってしまうので、まずは準備です。お茶を飲むと緩やかになると聞いているので、まずは煎茶です。コップ1杯飲んでから頂きました。普段は気にするところを今日は特別な日だと割り切って、思いっきり楽しみました。帰りは近くでやっているバラ祭りを見に行き、会場でよく歩けました。景色のいい場所を歩いてダイエット出来たら最高ですね。

ダイエットしながらお肌ケアをする方法について

30代前半、未就学児を育児中の主婦です。
出産をしてからなのか、育児はハードながらも仕事中とは使う筋肉が違うためか
はたまた年齢のせいで代謝が落ちてしまったのか、色んな所に贅肉がついてしまい
特別自分の為の時間をとることもできず、たまった脂肪も年季が入ってきてしまいました。

先月から子供が全て幼稚園に入った為、現在ダイエットに取り組んでいます。
ダイエットといっても、そんなしっかりした物ではありません。
ジムに通うお金なんてありませんし、ダイエット器具を買うお金もありませんから
生活をダイエットモードに切り替えています。

例えば、今まで子連れで徒歩移動は面倒だから・・・と車や自転車に乗っていたのを
徒歩移動に変えたり、一人でゆっくり買い物出来るので、スーパーのはしごをしたり。

食事の世話をしなくて良くなった分、昼食はゆっくりよく噛んで
満腹中枢を刺激し、食べる量を減らしたり。
お庭の掃除や水回りの掃除も、ぱぱっと済ましてしまいたいところを
しっかりしゃがんで丁寧にしたり・・・立ったり座ったりを繰り返しますし
細かい所を掃除するって、動きは小さくても結構疲れるんです。

こうやって行動していると、今まであんまり出なかった汗が、よく出るようになりました。
汗をかくと、老廃物が外に出ると言いますし、新陳代謝も良くなったせいか
肌が明るくなり、艶が出てきたように感じます。

こんな感じで家事を徹底的に行いつつ、余った時間でヨガもしています。
ほぼ自己流のヨガですが、それでも猫背だった姿勢がまっすぐ伸びる様になってきましたし
呼吸も深くなって疲れにくくなり、心が落ち着くのか、夜もぐっすり眠れる様になりました。

特別ダイエットに時間を割かなくても、いつもの暮らしを少しだけ丁寧にすることで
大分と変わってくるものなのですね。

春を迎え、送別会と歓迎会が終わったと思ったら花見があり、それに続きゴールデンウィークは地元に帰り昔話に花を咲かせ、気がついたらやってしまいした。どう考えても食べ過ぎ、飲み過ぎのせいかお腹が出て来ちゃいました。 夏に向けてこのままにしとくわけにもいかないのでお腹周りのダイエット中です。まずダイエットの基本は食事からと言うことでここ最近はずっと外食を控えてます。代わりに自宅でなるべくカロリーや脂質の低い献立を考え、野菜中心の食生活になるようにしています。本当はハンバーガーやラーメンも食べたいけどお腹周りがすっきりするまで我慢です。それだけでは夏までに間に合いそうにないので毎日時間を探して、ランニングや腹筋をこなしているのですがそう簡単には痩せてくれません。インターネットでいろいろ検索したのですがどうやらお腹周りのお肉と言うのはつくときは簡単なのに落ちにくいらしいです。誰かいい方法を知ってる人がいたら教えてください。

お茶の効果的な飲み方とダイエットについて

お茶を使ったダイエットにはいろいろな方法があります。お茶は毎日飲むものなので、無理なく続けられるというメリットがあります。また、体質によっては向き不向きなどの個人差があるのでまずはいろいろと試してみることをおすすめ致します。効果などもすぐ効くというものではなく、漢方のように少しづつ効果が現れるものですので続けることで効果を感じることができたり、体質改善につながるものなので気長に頑張ってみてください。
ということで、いくつかお茶をご紹介したいと思います。

【1】黒ウーロン茶
こちらはとてもダイエットでは有名なお茶ですね。スーパーマーケットにも置いてあるほどベーシックになりましたが、ダイエットのために普段飲みのお茶として飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしこの黒ウーロン茶は飲み方などがポイントになります。もともとウーロン茶は中国のお茶であり、日本人には少し刺激が強いお茶です。そしてさらに黒ウーロン茶となると、より濃いため飲み過ぎは体をいためる恐れがあります。胃の弱い方にはあまりおすすめできないお茶になります。なので普段のお茶をこればかりにするのはあまりあすすめできません。
効果的な飲み方は毎食後に温めた黒ウーロン茶を約1杯飲むだけです。たくさん飲んだからと言って効果があるわけではありません。食後に飲むことで高カロリーの食事でも吸収しにくくしてくれます。

【2】ルイボスティー
こちらは黒ウーロン茶と違い、さっぱりしていて体にも優しいお茶なのでごくごく飲めますが、痩せるというよりは太りにくくなるという感じでしょうか。ラーメン屋さんにも置いてあったりするので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
ノンカフェインで紅茶のようなさっぱりした味ですが、渋みもなく食事中にいっしょに飲むにはとてもいいと思います。特に脂っこい食事と一緒にとれば、脂肪の吸収を押さえてくれる働きがあるのでおすすめです。最近はスーパーなどでもオーガニックのものなども置いていたりするので、健康的に痩せたい方にはいいのではないでしょうか。温めると少し独特な香りがでるので、冷やして飲むのに適しています。

【3】ごぼう茶
こちらはまさにデトックス茶といってもいいお茶になります。ごぼうの繊維が腸内環境をよくし、お通じがよくなるので便秘がちの方におすすめです。便秘が解消されると体重も落ちやすくなります。効果が人により個人差がとてもでやすいお茶なので、まずは朝1杯から始めるのをおすすめします。あまりたくさん飲むとお腹が緩くなることもあるので気をつけてくださいね。このごぼう茶はダイエットにも良いですが、結果的にお肌もきれいにしてくれる万能茶です。ただ少し味にくせがあるので続けられずに挫折する人も多いお茶ですが、続けられれば体質改善もできる優れものです。こちらは冷やすとよりごぼうのくせや臭みが増すので、温めて飲むのをおすすめします。

【4】ジャスミン茶
こちらも中国のお茶になりますが、効果はルイボスティーによく似ています。痩せるためというよりは、太りにくくしてくれるお茶になります。食事と一緒に摂ることで、脂肪の吸収を押さえてくれる効果があります。今ではペットボトルでコンビニでも手に入るお茶なので手軽でいいのですが、けっこう香りの強いお茶なので、食事と一緒には抵抗のある人も多いかとおもいます。そんな場合は食後に飲んでも十分効果があるので安心です。

【5】減肥茶
こちらは元祖ダイエット茶といえるほどダイエットにはかかせないお茶で知らない人はいないのではないでしょうか。効果などはごぼう茶とよく似ていてお通じをよくし、便秘を治し、体質改善してくれるのでダイエットになります。

上記のようにいろいろな種類のお茶があるのですが、それぞれ体質や目的別にまとめてみたいと思います。

体質改善、太りにくくしたい方には、
ルイボスティー、ジャスミン茶

便秘改善、デトックスしながら痩せたい方には、
ごぼう茶、減肥茶

食べたものをなかったことにしたい方は、
黒ウーロン茶

こんなかんじでしょうか。他にも『しょうが茶』というものをご存知でしょうか。まさにショウガなのですが、こちらはとても体を温めてくれるので、冷え性の方にはとてもおすすめです。体が冷えると血行が悪くなり、代謝も落ちるので、エネルギー消費率も下がります。このしょうが茶は体が冷えている時はもちろん、朝起きた時や就寝前、また食事の前に飲むととても効果があります

いろいろな種類のお茶がありますが、大切なのはたくさん飲むことではなく、どのお茶をどのタイミングで飲むかによって効果が2倍にも3倍にもなるということです。自分の体を見極めて必要なお茶を毎日続けられるといいですね。

普段飲んでるお茶がダイエットに効果がある!!これを見ずしてダイエットは語れない

普段お茶を飲む人は多いと思いますが、お茶がダイエットに効果がある事を知っている人は少ないと思います。
お茶には、脂肪燃焼や脂肪の体内吸収を抑える作用があるのでダイエットサポートとしての効果が期待できます。
お茶は多くの種類があり、どれを飲んでいいのか分からないと思われがちですが、それぞれ期待できる作用は異なります。テレビのCMで知名度が高い黒烏龍茶は、烏龍茶に含まれるポリフェノールが摂取した脂肪を体の外に排出してくれる働きがあります。食事のお供に、又は食事の後は黒烏龍茶は効果が期待できます。
紅茶は、食事で摂った脂肪を体内に吸収するのを抑えたり、カフェイン効果によって脂肪を燃えやすい状態にしてくれます。
緑茶は、カテキンが血の流れを良くし、代謝を高めてくれるので脂肪を燃えやすくする効果があります。

しかし、いくらお茶を飲んでもいっぱい食事を摂ってしまうこともあると思います。なので食べ過ぎや間食などを抑えるためにはごぼう茶がオススメです。食欲抑える作用があるイヌリンは食物繊維の一種で、便秘にも効果があると言われています。
食物繊維が豊富といえば、麦茶です。ミネラルも豊富で利尿作用があるので、血液をサラサラにして血流改善の作用もあるのでオススメです。
お茶ダイエットと聞くと、どんなお茶を飲めばいいのか分からなかったり、高いお茶を買って飲まなければならないのかと思いがちですが、普段何気なく飲んでる身近なお茶が、ダイエットに効果があるというのは驚きです。
しかし、ダイエットもそうですが、継続して摂取することが大事です。食事や運動前に摂ることで効果を発揮してくれます。飲めば飲むほど効果がある訳ではありませんので、1日に1,5リットルを目安に何回かに分けて飲むことが肝要です。
脂肪を燃焼させやすくするのは、約30分後なので運動や入浴の前に飲むことで効率よく効果が発揮すると思われます。
お茶ダイエットの注意点もいくつか存在します。カフェインが含まれるお茶は睡眠前には控えた方がいいと思います。カフェインは不眠などの症状が出る恐れもありますので、体内に悪影響を及ぼす可能性を考え飲みすぎにも注意が必要です。
お茶によって、あらゆるダイエット効果が期待出来ますが、まずは色々試してみて自分に合ったお茶を見つけることが大事です。ダイエットは、現代社会で多くの人が抱える課題です。普段からお茶を取り入れ、飲み方に注意してダイエットサポートとして活用して頂ければと思います。